お問い合わせ
TEL 03-3263-7681
FAX 03-3263-7682
E-mail info@avantia.or.jp
Access Map

セミナー案内

受付中  【会員対象セミナー】グロースサポートフォーラム セミナーのご案内

開催日 年数回(不定期) 主催 監査法人アヴァンティア
開催場所 東京 会場 東京駅周辺

【グロースサポートフォーラムについて】 
 監査法人アヴァンティアにて、2011年以来8年間にわたって皆様方からご愛顧いただいておりました「IFRSネットワーク」を、このたび名称を「グロースサポートフォーラム」へ変更いたしました。

 当監査法人は規制環境とのバランスを確保しつつも、成長意欲旺盛な企業の持続的な成長の支援を行う監査法人として自らを位置付け、監査による財務情報の信頼性担保と同時に、企業の持続的な成長支援も積極的に推進しております。
 その一環として、本セミナーも企業の持続的成長の支援を主眼として「グロースサポート」をテーマに掲げることにいたしました。制度変更などの外部環境の変化を先取りして、企業価値の向上も意識した戦略的なアドバイスなど、企業のニーズに即したセミナーを開催してまいります。

 

【開催セミナー】

 第78回 「2019年決算留意事項 最新トピックス」 2019年3月20日(水)開催

 ※会員の皆様には、ご登録のアドレス宛に、ご案内メールをお送りしております。

受付中  3月26日(火)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2019年3月26日(火) 13:30~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2019年3月26日(火) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  2019年2月26日(火)開催、企業研究会セミナー
       「専門家を使いこなすための『M&A』の知識」のご案内

開催日 2019年2月26日(火) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時ビジネス環境が急激に変化する中で、企業のさらなる発展を目指す方法として、M&Aを検討する企業が少なくありません。

 しかしながら、多くのビジネスパーソンにとってM&Aに関する業務は通常のルーティンワークとは異なり、担当となって初めて直面する業務が多く、専門家に『丸投げ』してしまうケースもあるのではないでしょうか。 

 こうした状況の中、M&Aに関する一連の流れ・ポイントを解説するとともに、自社内で対応すべき業務と専門家(法律事務所・監査法人・税理士事務所・FAなど)に依頼すべき業務の切り分け、また依頼する際の留意点などにも焦点をあて解説致します。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

講師 監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人
   弁護士法人L&A 弁護士・公認会計士 横張 清威

 

【セミナータイトル】
  専門家を使いこなすための『M&A』の知識

【日時】 2019年2月26日(火) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい。

終了しました  2019年2月19日(火)開催、企業研究会セミナー
       「専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』」 のご案内

開催日 2019年2月19日(火) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時、目まぐるしく変わるビジネス環境において企業を成長させていくために『M&A』を検討、実施する企業が少なくありません。
  しかし、多くの担当者にとって『M&A』はいわゆるルーティンではないため、莫大な費用をかけて専門家に頼らざるを得ないプロジェクト、と認識され、そのコストの大きさゆえ、『M&A』の実施を躊躇しているケースも散見されます。

 そこで本セミナーでは、「ローコストでのM&A」を意識し、検討開始からディール完了までの一連の流れ、特に財務DDと法務DDに焦点をあて、自社内の人材だけで行える業務とそうでない業務の切り分け、自社内だけで行う場合に求められる知識について、財務、法務それぞれの専門家が解説致します。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】
  監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人
  弁護士法人L&A 弁護士・公認会計士 横張 清威

【セミナータイトル】 専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』

【日時】 2019年2月19日(火) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  10月2日(火)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2018年10月2日(火) 13:30~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2018年10月2日(火) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  【会員対象セミナー】IFRSネットワークセミナー のご案内 及び 過去の開催一覧

開催日 隔月毎 主催 監査法人アヴァンティア
開催場所 東京 会場 東京駅周辺

【IFRSネットワークセミナーについて】 
 監査法人アヴァンティアでは、日本の中堅上場企業の皆さまがIFRSをコンパクトに導入するための方法論についての情報交換の場として、企業と公認会計士が一堂に会する『IFRSネットワーク』を創設し、年数回の勉強会「IFRSネットワークセミナー」を開催しております。
 このセミナーでは、IFRSを中心として、幅広く会計、税務、経営などをテーマに、企業の皆様とともにベストプラクティスを追求しております。

【過去に開催されたIFRSネットワークセミナーの一覧】

 第77回 「ITの不備実例から学ぶ内部統制見直しのポイント」
 第76回 「最新の会計システムの動向と他社事例から学ぶシステム導入時の失敗原因と対応」
 第75回 「不正事例分析~不正事例から考察する不正防止のための視点~」
 第74回 「企業会計基準公開草案第61号「収益認識に関する会計基準(案)」等の概要 ~重要性等に関する代替的な取扱い~」
 第73回 「迫りくる長文式監査報告書に備える~KAM導入の背景と海外先行事例からの考察~」
 第72回 「東芝の監査意見について考える」
 第71回 「経済、政治と社会面から台湾の投資環境を分析』
     冠恆聯合会計士事務所 会計・法律博士 張進德氏、『有償ストック・オプションをめぐる会計処理~実務対応報告案の概要と実務への影響~」
 第70回 「「評価損」の正しい理解と向き合い方」
 第69回 「コーポレートガバナンス・コード対応と業績連動型役員報酬の設計~経営と社内モチベーションを最適化する!~」
 第68回 「IFRSの最新動向と戦略的導入の視点」
 第67回 「会計目線からの企業の意思決定プロセス構築のために」
 第66回 「不正事例分析」
 第65回 「企業等の不祥事について考える」
 第64回 「TOC体験セミナー~CF改善、在庫削減、リードタイム短縮~」
 第63回 「訂正報告書の分析・対応策とその影響」
 第62回 「IFRS第16号「リース」の公表 ~オンバランスの影響と課題~」
 第61回 「IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の概要~日本基準との差異~」
 第60回 「繰延税金資産の回収可能性~適用指針の概要と実務への影響~」
 第59回 「コーポレートガバナンス報告書を読む」
 第58回 「TPPが世界を変える!?今、海外進出を考える」
 第57回 「「戦略MQ会計」による経営の見える化」
 第56回 「公益法人等について知る」
 第55回 「きちんと理解して今後に生かす東芝の不適切会計」
 第54回 「グループ経営管理~IFRS導入を見据えたグループ経営管理体制の構築~」
 第53回 「世界の証券市場とアジアの証券市場~証券市場の歴史と現状、そして今後の展望~」
 第52回 「専門家を使いこなすための「M&A」の知識②~法務DD~」
 第51回 「専門家を使いこなすための「M&A」の知識①~財務DD~」
 第50回 「IFRSネットワーク 第50回記念セミナー「経営と会計」」
 第49回 「OECDにおけるBEPSプロジェクトについて知る」
 第48回 「不適切会計の実態とその対応策」
 第47回 「事例分析から学ぶ税務会計」
 第46回 「改めて考えるROEを高める手法」
 第45回 「IFRS適用へ向けたロードマップ」
 第44回 「GC注記の考察と解散・清算手続の実務」
 第43回 「税務メリットから見る子会社の整理手法」
 第42回 「事例で学ぶ経営計画の作成方法」
 第41回 「4000年の歴史から考察する中国の現状」
 第40回 「日本企業の償却期間の実態から考える「のれん」の意味」
 第39回 「後発事象~制度間比較を踏まえた実務的考察~」
 第38回 「2か月シリーズ 棚卸資産の理論と実践②~実践編~」
 第37回 「2か月シリーズ 棚卸資産の理論と実践①~理論編~」
 第36回 「日本版ESOP~導入増加の背景と資本政策・人事政策への影響~」 
 第35回 「コーポレート・ガバナンス最前線~わかったようでわからないコーポレート・ガバナンスの勘所~」
 第34回 「グループ経理規程の作成と見直し」
 第33回 「EUにおけるIFRS導入の知見に学ぶ日本企業のとるべき対応」
 第32回 「連結会計の変化と実務インパクト」
 第31回 「様々な視点で考えるIFRS対応」
 第30回 「新しい退職給付会計~日本企業に与えるインパクトと実務のポイント~」
 第29回 「戦略的開示・IRへの対応」
 第28回 「最近のIFRSに関する内外の動向と「フレームワーク」の基本」
 第27回 「会計上の見積りの実際~実務での重要テーマの勘所を中心に~」
 第26回 「2か月シリーズ 無形資産の理論と実践② ~実践編~」
 第25回 「2か月シリーズ 無形資産の理論と実践① ~理論編~」
 第24回 「IFRS導入も見据えた決算早期化の処方箋」
 第23回 「比較情報、過年度遡及会計の実務動向~IAS8号も踏まえて~」
 第22回 「IFRSにおける戦略的開示への対応」
 第21回 「2か月シリーズ 耐用年数の理論と実践② ~実践編~」
 第20回 「2か月シリーズ 耐用年数の理論と実践① ~理論編~」
 第19回 「2か月シリーズ IAS18号の理論と実践②~実践編~」
 第18回 「2か月シリーズ IAS18号の理論と実践①~理論編~」
 第17回 「企業会計審議会の議論から考える日本のIFRS導入」
 第16回 「IFRSにおける税効果会計~IAS12号と日本の66号」
 第15回 「税制改正に関する実務対応とIFRS対応」
 第14回 「IFRS実現のためのシステム導入~経営管理基盤の強化、経理機能のグローバル化」
 第13回 「IFRSが求める公正価値ヒエラルキーの実務 ~一般事業会社にも影響する公正価値開示~」
 第12回 「IFRSにおける不動産評価とCRE戦略~減損会計と投資不動産会計を中心に~」
 第11回 「IAS36号が求める減損会計~経営管理とのつながりを中心に~」
 第10回 「耐用年数の見積り〜IAS16号の原文から見える考え方と実務適用〜」
 第9回 「減価償却方法の見積り~IAS16号の原文から見える考え方と実務適用~」
 第8回 「新しいリース会計~一変する財務諸表と実務上の課題~」
 第7回 「フランス上場企業モエヘネシー・ルイヴィトン社(LVMH)のIFRS導入時の開示から読み取るIFRSの本質」
 第6回 「IFRS導入影響度分析に関する事例の紹介」
 第5回 「過年度遡及会計基準の具体的適用」
 第4回 「中国最新IFRSの適用事情~中国は、どのようにIFRS適用を実施したか」
 第3回 「経営管理に活用するIFRS導入への先進的取組事例」
 第2回 「日本でも導入される包括利益に関する実務」
 第1回 「IFRS導入までのスケジュールと課題」

 

終了しました  10月11日(火)開催、幻冬舎主催セミナー
     「健全経営と社内モチベーションを最適化する!
     コーポレートガバナンス・コード対応と業績連動型役員報酬の設計」

開催日 2016年10月11日(火) 16:00~17:30 主催 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
開催場所 東京・代々木 会場 株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム

 

 アベノミクス「三本の矢」の1つである成長戦略の中には「コーポレートガバナンスの強化」が含まれています。
 昨今、社会的影響力がある大企業の不祥事のあるなか、コーポレート・ガバナンスコードが制定され、実施、運用が開始されました。これは、アベノミクスの3本の矢の中でも、最も効果が出ており、成長戦略の軌道に乗っているものです。

 コーポレート・ガバナンスコードは、国際企業間競争を勝ち抜くための経営上の意思決定の透明化、合理化を企図しております。日本を代表する民間の上場企業がこれを取り入れることで、さらなる企業成長を図ることができ、国家のGDPを押し上げることにつながることが期待されております。

 しかし、当該コーポレート・ガバナンスコードをどのように運用させているのか、設定、運用できない場合にどのような説明が投資家向けに行われているかについては、十分把握する必要があります。
 また、コーポレート・ガバナンスコードが求める社外取締役の導入のほかに、経営リスクを背負う役員に対するインセンティブとしての業績連動型報酬も検討することが求められております。
 すでに企業では、中長期的な業績と連動する報酬の割合や現金報酬と自社株報酬との割合を適切に設定するような制度導入が進んでいるところもあります。

 そこで本セミナーでは、監査法人の代表として多くの法定監査や財務デューデリジェンスに携わり、実績を積み重ねてきた弊法人の小笠原直が、コーポレート・ガバナンスコードの対応状況と、特に業績連動型役員報酬の設計方法について解説いたします。

 経営リスクを最小化すべく、健全経営のためのコーポレートガバナンス戦略の最新事情及び概要について、この機会に学んで頂ければ幸いです。

 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

【セミナータイトル】
  「健全経営と社内モチベーションを最適化する!コーポレートガバナンス・コード対応と業績連動型役員報酬の設計」

【講師】
  監査法人アヴァンティア 代表社員 公認会計士 小笠原 直

【日時】 2016年10月11日(火) 16:00~17:30

【場所】 東京・代々木 「株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム」

【受講料】 無料

セミナー概要、申込方法、会場の地図等については、<こちら> をご覧下さい。

終了しました  10月11日(火)開催、企業研究会セミナー
        「専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』」

開催日 2016年10月11日(火) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時、目まぐるしく変わるビジネス環境において企業を成長させていくために『M&A』を検討、実施する企業が少なくありません。
  しかし、多くの担当者にとって『M&A』はいわゆるルーティンではないため、莫大な費用をかけて専門家に頼らざるを得ないプロジェクト、と認識され、そのコストの大きさゆえ、『M&A』の実施を躊躇しているケースも散見されます。

 そこで本セミナーでは、「ローコストでのM&A」を意識し、検討開始からディール完了までの一連の流れ、特に財務DDと法務DDに焦点をあて、自社内の人材だけで行える業務とそうでない業務の切り分け、自社内だけで行う場合に求められる知識について、財務、法務それぞれの専門家が解説致します。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】
  監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人
  みらい総合法律事務所 弁護士・公認会計士 横張 清威

【セミナータイトル】 専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』

【日時】 2016年10月11日(火) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  3月24日(木)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2016年3月24日(木) 13:30~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2016年3月24日(木) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  3月17日(木)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2016年3月17日(木) 13:30~17:00 主催 金融財務研究会
開催場所 東京・茅場町 会場 茅場町・グリンヒルビル セミナールーム

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2016年3月17日(木) 13:30~17:00
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」 [地図]

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

終了しました  2月25日(木)開催、金融財務研究会セミナー
     「中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント」
      ~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~ (終了しました)

開催日 2016年2月25日(木) 14:00~17:00 主催 金融財務研究会
開催場所 東京・茅場町 会場 茅場町・グリンヒルビル セミナールーム

 尖閣問題から日中関係は政治的には冷え切っておりますが、中国市場へ継続的に依存しなければならない日本企業にとっては、中国カントリーリスクにしっかり対応していく必要があります。       
 なかでも、中国に投資したリスクマネーの回収は重要です。送金手続が予定通り実施できないと、本国の資金繰りにも影響を与えることになります。中国の外貨管理制度は日本と比べても煩雑でかつ多くの規制が現存しておりますが、昨年9月に外国送金規制が一部緩和されて、従来よりも日本への送金が容易になってきております。
 本セミナーでは、中国の有力邦銀から得た貴重な情報をもとに、実際に現地でコンサルティングした事例を参考に、中国子会社からの海外送金について、配当、ロイヤリティ、技術支援料等の各手法ごとの、外貨管理法、税法、銀行送金手続等の実務上の注意点をわかりやすく解説いたします。中国の外為法を十分に理解した上で、企業グループ内で円滑に資金環流する実務の一助になればと思います。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント
             ~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~ 

【日時】 2016年2月25日(木) 14:00~17:00
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」 [地図]


セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

終了しました  10月8日(木)開催、企業研究会セミナー
        「不適切会計とならないための『工事進行基準』の理解と内部監査のポイント」

開催日 2015年10月8日(木) 13:30~16:30 主催  一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時、『工事進行基準』を用いた不適切会計が大きな関心を呼んでおります。
   本セミナーでは、工事進行基準に関する基本的な知識を概観した上で、不正を防ぐ内部統制の構築、内部監査の際のポイントを平易に解説致します。
   経理部門、内部監査部門など関連部門の皆様のご参加をお勧めいたします。

   プログラム
   1.工事進行基準に関わる最近の不適切会計事例
   2.工事進行基準の基本
   3.工事進行基準を用いた不適切会計の手口と事例
   4.工事進行基準に係る内部統制の構築
   5.工事進行基準の適用に対する内部監査のポイント

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア  公認会計士  木村 直人氏

【セミナータイトル】 不適切会計とならないための『工事進行基準』の理解と内部監査のポイント

【日時】 2015年10月8日(木) 13:30~16:30
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」 [地図]

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  8月28日(金)開催、企業研究会セミナー
        「M&Aにおける『知的財産実務』の勘所」

開催日 2015年8月28日(金) 13:00~17:00 主催  一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 昨今のM&A実務においては、買収対象となる経営資源の中でも、特に知的財産が重要な意味を持つケースが少なくありません。その一方で、無形の資産であるがゆえに財務・法務における難しい問題に実務上頭を悩ますことも多くなっているのが現実です。

 そこで、M&Aにおける知的財産に関する基礎的な知識に加えて、実務における勘所を公認会計士と弁護士のそれぞれの立場から平易に解説いたします。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア  公認会計士  木村 直人氏
     みらい総合法律事務所   弁護士・公認会計士試験合格者 横張 清威氏

【セミナータイトル】 M&Aにおける『知的財産実務』の勘所

【日時】 2015年8月28日(金) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  8月7日(金)開催、企業研究会セミナー
        「専門家を使いこなすための『M&A』の知識」

開催日 2015年8月7日(金) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時ビジネス環境が急激に変化する中で、企業のさらなる発展を目指す方法として、M&Aを検討する企業が少なくありません。しかしながら、多くのビジネスパーソンにとってM&Aに関する業務は通常のルーティンワークとは異なり、担当となって初めて直面する業務が多く、専門家に『丸投げ』してしまうケースもあるのではないでしょうか。
   こうした状況の中、本セミナーではM&Aに関する一連の流れ・ポイントを解説するとともに、自社内で対応すべき業務と、専門家(法律事務所・監査法人・税理士事務所・FAなど)に依頼すべき業務の切り分け、また依頼する際の留意点などにも焦点をあて解説致します。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア  公認会計士  木村 直人氏
     みらい総合法律事務所   弁護士・公認会計士試験合格者 横張 清威氏

【セミナータイトル】 専門家を使いこなすための『M&A』の知識

【日時】 2015年8月7日(金) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  7月28日(火)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2015年7月28日(火) 13:30~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2015年7月28日(火) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  7月9日(木)開催、金融財務研究会セミナー
     「中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント」
      ~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~

開催日 2015年7月9日(木) 13:30~16:30 主催 金融財務研究会
開催場所 東京・茅場町 会場 茅場町・グリンヒルビル セミナールーム

 尖閣問題から日中関係は政治的には冷え切っておりますが、中国市場へ継続的に依存しなければならない日本企業にとっては、中国カントリーリスクにしっかり対応していく必要があります。       
 なかでも、中国に投資したリスクマネーの回収は重要です。送金手続が予定通り実施できないと、本国の資金繰りにも影響を与えることになります。中国の外貨管理制度は日本と比べても煩雑でかつ多くの規制が現存しておりますが、昨年9月に外国送金規制が一部緩和されて、従来よりも日本への送金が容易になってきております。
 本セミナーでは、中国の有力邦銀から得た貴重な情報をもとに、実際に現地でコンサルティングした事例を参考に、中国子会社からの海外送金について、配当、ロイヤリティ、技術支援料等の各手法ごとの、外貨管理法、税法、銀行送金手続等の実務上の注意点をわかりやすく解説いたします。中国の外為法を十分に理解した上で、企業グループ内で円滑に資金環流する実務の一助になればと思います。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【セミナータイトル】 中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント
             ~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~ 

【日時】 2015年7月9日(木) 13:30~16:30
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」 [地図]

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

終了しました  7月7日(火)開催、JIAxC&Aセミナー「未来への道しるべ~サムライ業による協業とクライアントの接点」

開催日 2015年7月7日(火)
      セミナー:18:30~ 懇親会:20:30~
主催 公益社団法人 日本建築家協会
    株式会社クリーク・アンド・リバー
開催場所 東京・千駄ヶ谷 会場 日本建築家協会 JIA館1階 建築家クラブ

日本建築家協会とクリーク・アンド・リバー社のジョイントセミナーの第一弾としまして、「未来への道しるべ~サムライ業による協業とクライアントの接点」と題してセミナーが開催されます。

建築・会計・法曹という異なる分野で活躍されているプロフェッショナルの方々3名が、お互いのマーケットに共通する課題や士業のコラボレーション、顧客との関係構築の手法、そしてプロとしての在り方などを語ります。

パネリストとして、弊法人 法人代表の小笠原 直 が、会計士の視点から熱く語ります。

皆様お気軽にお越しください。

 

【パネリスト】 建築家 上浪 寛  (株)構想建築設計研究所代表。JIA副会長。関東甲信越支部長。
         会計士 小笠原 直 監査法人アヴァンティア 法人代表 代表社員。
         弁護士 湊 信明  湊総合法律事務所所長。東京弁護士会副会長。関東弁護士会連合会常務理事。

【セミナータイトル】  「未来への道しるべ ~ サムライ業による協業とクライアントの接点」

【日時】 2015年7月7日(金) セミナー:18:30~ 懇親会:20:30~
【場所】 公益社団法人 日本建築家協会 JIA館1階 建築家クラブ <地図>

セミナー概要、参加費用、申込方法等については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい。

終了しました  5月26日(火)開催、金融財務研究会セミナー
     「連結グループ経営における子会社からのロイヤリティ等の徴収方法」
      ~グループ経営効率化のための親会社の財源確保~

開催日 2015年5月26日(火) 13:30~17:00 主催 金融財務研究会
開催場所 東京・茅場町 会場 茅場町・グリンヒルビル セミナールーム

 連結グループ経営において、最近は純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、連結親会社がグループ経営を有効に行うための財源の確保は、戦略実行に必須といえます。
 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当などの各徴収方法の活用方法を説明いたします。
 まず前提としての税務上の移転価格税制上の位置づけを明確にしたうえで、各徴収方法の説明、比較、そして特にロイヤリティ料率をどのように理論的に算定するかをご説明いたします。
 最後にEVAなどの業績評価指標とも関連付けたうえで、「グループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

 

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法
             ~グループ経営効率化のための親会社の財源確保~ 

【日時】 2015年5月26日(火) 13:30~17:00
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」 [地図]

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

終了しました  3月26日(木)開催、企業研究会セミナー
        「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」

開催日 2015年3月26日(木) 13:30~17:00 主催 一般社団法人企業研究会セミナー
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 企業経営において企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。 純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的に、または拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」、子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は、納得がいかない」といったことも現場ではよく耳にします。

 本セミナーでは、グループ経営インフラともいうべき、企業グループ内の親子会社間で発生するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当等の各徴収方法の活用方法を、まず税務上の移転価格税制での位置づけを確認した上で、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを説明いたします。

 最後にEVA等の業績評価指標とも関連付け、「税務も配慮しながらグループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識でご説明してまいります。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

 

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【日時】 2015年3月26日(木) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい

終了しました  3月6日(金)開催、企業研究会セミナー
        「専門家を使いこなすための『M&A』の知識」

開催日 2015年3月6日(金) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 近時ビジネス環境が急激に変化する中で、企業のさらなる発展を目指す方法として、M&Aを検討する企業が少なくありません。

 しかしながら、多くのビジネスパーソンにとってM&Aに関する業務は通常のルーティンワークとは異なり、担当となって初めて直面する業務が多く、専門家に『丸投げ』してしまうケースもあるのではないでしょうか。 

 こうした状況の中、M&Aに関する一連の流れ・ポイントを解説するとともに、自社内で対応すべき業務と専門家(法律事務所・監査法人・税理士事務所・FAなど)に依頼すべき業務の切り分け、また依頼する際の留意点などにも焦点をあて解説致します。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

講師 監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人
     みらい綜合法律事務所 弁護士・公認会計士試験合格者 横張 清威

 

【セミナータイトル】
  専門家を使いこなすための『M&A』の知識

【日時】 2015年3月6日(金) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい。

終了しました  2月24日(火)開催、企業研究会セミナー
        「企業価値を左右する「会計上の見積り」との上手な付き合い方」

開催日 2015年2月24日(火) 13:00~17:00 主催 一般社団法人企業研究会
開催場所 東京・麹町 会場 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

 現代の会計の特徴といわれる時価会計は、時として繰延税金資産の大幅取崩、多額の減損損失の計上といった思わぬ形で企業業績を大きく揺るがし、企業価値の毀損を助長してしまうことがあります。また、時価会計には積りの要素が非常に多く、対外的な説明責任や監査対応においても、説得力のある説明を行うのに苦慮する場面もしばしばです。
 本セミナーでは取扱いの難しい時価会計について、従来のテキスト通りの解説とは違った視点で、時価会計の本質を理解できるよう解説することによって、企業経営における「会計上の見積り」の取扱い方について皆様が正しい理解で実務対応ができるよう、また経営者への適格な説明を行うことができるようお手伝いいたします。

 多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
 

【講師】 監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人

【セミナータイトル】 企業価値を左右する「会計上の見積り」との上手な付き合い方

【日時】 2015年2月24日(火) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」 [地図

セミナー概要、受講費用、申込方法等については、<こちら> をご覧下さい。

セミナー内容の詳細については、こちらのパンフレット(PDF)をご覧下さい。

 

終了しました  6月27日(木)開催 戦略MGマネジメントゲーム 体験セミナー

開催日 2013年6月27日(木) 主催 株式会社アヴァンティアコンサルティング
開催場所 東京 会場 TKPスター貸会議室 半蔵門 101会議室

戦略MGマネジメントゲーム 体験セミナー

【開催要項】

 日 時 2013年6月27日(木)
      受付開始  9:00
      セミナー    9:30~17:30

 場 所 TKPスター貸会議室 半蔵門 101会議室
      東京都千代田区三番町3-8 泉館三番町1階 <会場地図

 対象者 社内教育責任者・担当者

 定 員 24名(1社2名様まで 先着順とさせていただきます。)

 講 師 公認会計士 相馬 裕晃 (株式会社アヴァンティアコンサルティング 取締役 )

 受講料 20,000円 (消費税等含む)
      ※セミナー資料、お弁当、飲み物代を含みます。お申込み後、振込先をご連絡いたします。 


 

戦略MGマネジメントゲーム ご存知でしょうか?
戦略MGはボード型のビジネスゲームの一つで、企業研修の最高峰として、社員教育に力を入れる優良企業を中心に実施されている研修です。 座学と異なる体験型の研修で、活きた経営と会計を学ぶことができます。

ゲーム参加者一人ひとりが製造業の社長となり、起業~資金調達~設備投資~材料仕入~製造~販売~決算~決算書の作成に至るまでの企業経営の流れを本格的に学ぶことのできるボード型のビジネスゲームです。経営者の疑似体験をとおして、経営感覚・コスト感覚を養います。

通常は2日間で5期分の経営を学ぶセミナーですが、今回はダイジェスト版として1日で3期分の経営を体験していただきます。今回のセミナーは公認会計士が講師、スタッフを務め、経営と会計を分かりやすくお伝えいたします。この機会にぜひご参加ください!

戦略MGマネジメントゲーム 体験セミナーの詳細は、<こちらのパンフレット>をご覧ください。

 セミナー参加のお申し込みは、下記「お申込みフォーム」ボタンをクリックし、表示されるフォーム画面よりお願いします。
  ※「お申込みフォーム」ボタンが表示されていない場合は、一旦、上部のセミナータイトルをクリックしてください。

終了しました  (社)企業研究会 公開セミナー「中国における税務リスクとその他ビジネストラブルの留意点」

開催日 2012年12月11日(火) 主催 一般社団法人 企業研究会
開催場所 東京・麹町 会場 厚生会館

【セミナー名】
  中国における税務リスクとその他ビジネストラブルの留意点
   ~日中両国でご活躍中の専門家からみた最新対応策~

【セミナー内容】
  最近、中国に進出している日本企業が中国税制上のトラブルに巻き込まれるケースが増加 しています。特に2008年税制改正に伴う外資企業優遇制度の撤廃以降、中国当局では移転価格税制も含めて、外資企業に対して課税強化の傾向が強まっております。
  また、税務リスク以外にもOECDなどのグローバルルールや裁判例、外国公務員に対する贈賄規制等についても注意が必要です。中国で最も重要なのはこうした法律の運用実態を知ることです。
  本セミナーでは、日中企業間の契約取引などに携わってきた弁護士 長谷川 俊明氏と、中国の税務リスクに詳しい弊法人の中国ビジネスディレクター 王 欣が講師として、最新の現地情報を紹介しつつ実務的な観点から対応策を検討していきます。

【講 師】
  長谷川俊明法律事務所 弁護士 長谷川 俊明 氏
  監査法人アヴァンティア 中国ビジネスディレクター 王 欣

【開催日時、場所】
  2012年12月11日(火)13:00-17:00
  東京・麹町 厚生会館  [会場地図]

【受 講 料】
  企業研究会の公開セミナーのページをご覧下さい。

セミナーに関するお問い合わせ、セミナー詳細、お申込み方法については、
こちら、企業研究会の公開セミナーのホームページ をご覧下さい。 

終了しました  「IFRS対応の理論武装」出版記念セミナー

開催日 2012年12月13日 (木) 主催 監査法人アヴァンティア
開催場所 東京 会場 ベルサール八重洲 3F Room4 (東京駅八重洲北口すぐ)

「IFRS対応の理論武装」 出版記念セミナー

【開催要項】

 日 時 2012年12月13日(木)
      受付開始 13:30
      セミナー  14:00~16:30 (質疑応答含む)

 場 所 ベルサール八重洲    会場 Room4(3F)
      東京都中央区八重洲1-3-7  八重洲ファーストフィナンシャルビル <会場地図

 講 師 公認会計士 木村 直人 (監査法人アヴァンティア代表社員)

 参加費 無料


 当監査法人の代表社員である木村直人が、中央経済社から 『IFRS対応の理論武装~原則主義という「壁」の乗り越え方~』 を出版いたしました。これを記念して、この度出版記念セミナーを開催することとなりました。

 本書では、日本企業がIFRSを導入するに当たって大きな「壁」となる原則主義に対する有用な処方箋としての理論武装の考え方と実務への応用法を紹介しております。基準書には最小限の記述しかない中、実質的な解釈をした上で、自社にとっての最適な会計処理について「理論武装」を行うことが、スムーズなIFRS導入の鍵となります。

 減価償却は定額法のみ、出荷基準による収益認識は認められないといった思考停止の発想に振り回されることなく、原則主義のIFRSのもとで、自社なりの考え方をしっかりと構築して、自社の実態にフィットしたIFRS対応を行うとともに、経営管理にも活用するという前向きなIFRS対応を後押しするのが本書の役割です。

 既にIFRS導入準備を進めている企業も、これからIFRS導入準備の検討を開始する企業も、必ず乗り越えなければならない原則主義という「壁」に立ち向かうための強力な武器になると確信しております。

 なお、当日のセミナーを、できる限り実務に即した内容とするために、ご参加の皆様からの事前のご質問を歓迎しております。お申込みの際でも、お申込み後でも結構ですので、具体的に直面されている課題についてご質問いただけましたら幸いです。

 参加費は無料でございます。是非とも幅広い多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 セミナー参加のお申し込みは、下記「お申込みフォーム」ボタンをクリックし、表示されるフォーム画面よりお願いします。
  ※「お申込みフォーム」ボタンが表示されていない場合は、上部のセミナータイトルをクリックしてください。

終了しました  中国国内の税務リスクとその対応

開催日 2011年12月13日 主催 天津英特前進財務咨詢有限責任公司
開催場所 中国・天津 会場 天津喜来登大酒店(シェラトン天津ホテル)

セミナー内容
1.中国税制及び租税徴収制度の概要、特徴
2.外資企業にとっての中国税制度の固有のリスク
3.天津進出した日本企業の税制対応の好事例紹介

終了しました  IFRS対応を乗り切る理論武装のポイント

開催日 2011年11月30日 主催 監査法人アヴァンティア
開催場所 東京 会場 ベルサール八重洲 (東京駅八重洲北口すぐ)

本セミナーでは、IFRS基準の調査やGAP分析などを行なってはみたものの、「結局のところ、IFRSの規定をどのように自社に適用すればよいのか?」という疑問をお持ちの方のために、IFRS導入に際して避けて通ることのできない「理論武装」について、その考え方と具体的な手法を、具体的な事例を交えながら解説します。

終了しました  日本経済新聞社主催 日経産業新聞フォーラム

開催日 2010年10月7日 主催 日本経済新聞社  協賛 大成建設、監査法人アヴァンティア
開催場所 東京・大手町 会場 日経ホール

日経産業新聞フォーラム
 テーマ IFRS時代の企業経営~固定資産に与える影響と企業不動産戦略を探る~

プレゼンテーション
 幣法人代表の小笠原 直 による、 「IFRS適用における固定資産の評価~EU先進事例から学ぶ~」をテーマに、
 EUにおける評価の先進事例を紹介

PAGE TOP
アヴァンティアホットライン  個人情報保護方針