マネージング・パートナーの紹介

小笠原 直 Naoshi Ogasawara

法人代表
代表社員・公認会計士

代表社員・公認会計士

メッセージ

人はなぜ存在するかといえば、「社会の役に立つ」からだと思います。そして「社会の役に立つ」には「自己の意思に基づいて責任を取る」ということが大事になってきます。そういう意味では、責任をもって社会的な役割を果たす公認会計士という職業に、僕は「社会の役に立っている」という自負と誇りがあります。そして夢が「社会の役に立つ」ということと密接不可分であるということであれば、僕にはまだまだたくさんの夢があります。公的セクターへの関わり、グローバル経済への関わり等々。これからも社会の役に立つ法人を創り上げて、夢を次々と実現させていきたい、そう考えています。

経歴

栃木県出身。一橋大学経済学部卒業。
公認会計士試験合格後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。
その後、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人) に入所し、同監査法人で代表社員を務める。
2008年に監査法人アヴァンティアの法人代表として代表社員に就任。法人代表の立場でありながら、現場最前線での業務執行も務める。セミナー、執筆も多数。
現在は、東プレ株式会社社外取締役、都築電気株式会社社外監査役、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構監事、一般社団法人新現役交流会サポート(SKS)監事、一般財団法人日本アジア共同体文化協力機構監事を務める。 主な会計士協会活動として、元日本公認会計士協会実務補習所副委員長、元公認会計士修了考査試験委員など。
また、元慶応義塾大学環境情報学部准教授、元千葉大学法経学部講師 を歴任。
2018年度から一橋大学大学院経営管理研究科非常勤講師に就任。

木村 直人 Naoto Kimura

マネージング・パートナー
事業推進本部長

事業推進本部長

メッセージ

監査には批判性と指導性という一見相反する側面があります。昨今、世間的には批判的な側面ばかりが強調されていますが、私は批判性と指導性の両立は十分に可能であると考えております。土台にしっかりとした信頼関係があった上で、私たちがプロフェッショナルとして判断することを怠らなければ、厳しい監査をしながら的確なアドバイスを行うことは可能です。こういった時代だからこそ、監査法人として本来は当たり前であるはずのことを、当たり前に行っていく。そのような監査法人として社会的役割を果たすことができるよう日々努力してまいります。

経歴

長崎県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
公認会計士試験合格後、TAC公認会計士講座専任講師を務める。その後、新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)、太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)において主に法定監査、上場準備等に従事。2008年に監査法人アヴァンティアの設立に参画、代表社員に就任。
現在、上場企業監査、IPO監査において、現場最前線での業務執行を務めながら、M&AやIFRS等に関する財務アドバイザリーなども幅広く展開。 法人内では、事業推進本部長として、監査業務及び被監査業務に関する事業推進及びAIやデータ分析など先端監査技術の導入に関する調査研究を推進している。書籍の執筆や雑誌への論文寄稿なども多数。
その他、主な会計士協会活動として、元知的財産関連研究プロジェクトチーム副構成委員長。
また、千葉大学 法政経学部 非常勤講師(監査論)を歴任。