お問い合わせ
TEL 03-3263-7681
FAX 03-3263-7682
E-mail info@avantia.or.jp
Access Map

出版案内

「一番わかりやすい!税効果会計の教科書」~基本も実務もとことんわかりやすく~ のご案内

「一番わかりやすい!税効果会計の教科書」
     ~基本も実務もとことんわかりやすく~

 著者: 公認会計士 大山 誠 (監査法人アヴァンティア)


この本は、税効果会計を初めて学習する、経理担当者、公認会計士受験生、簿記受験生、そして、会計士の方にも理解を深めてもらえる“一番わかりやすい税効果会計の教科書”です。 

本書の特徴は、初心者とベテランによる質疑応答形式で実務に即した具体例を交えて分かり易く解説をすすめています。基本から徐々に高度な理論を説明する構成になっていますので、初心者でも無理なく理解を進めることができます。 

「税効果会計がなぜ必要なのか」、また、実務で必ず直面する法定実効税率の計算、別表に基づく繰延税金資産の計算、スケジューリング表の作成といった作業についても、実際の作業とほぼ同様の例題をまじえて、わかりやすく説明しています。

さらには、セミナー等で税理士、経理担当者から寄せられた疑問点や要望、そして、会計実務家の方向けの有用な例題をふんだんに盛り込み解説しておりますので、実際に税効果会計を適用するにあたり、実践的な知識を身につけてもらうことができます。この点は、従来の本にはなかったものです。 

税効果会計を理解する最初の一歩として、本書をぜひ利用していただけます。 

本書が現場の皆様の力となれば、筆者としてこれに勝る喜びはありません。 

  2019年2月26日発売。
 全国書店、及び、amazon にて発売中です。  

 

目次
第1章 税効果会計の基本を理解しよう
第2章 税金の計算方法を学ぼう
第3章 法人税等調整額を計算しよう
第4章 一時差異についてもっと知ろう
第5章 繰延税金資産の回収可能性について考えよう
第6章 注記を読むと、こんなことがわかる
第7章 税効果会計を使ってみよう
第8章 連結財務諸表の税効果を知ろう
第9章 連結納税制度だって、実は難しくない
第10章 特殊な論点についても理解しておこう

中央経済社刊 「これならわかる 決算書キホン50! 〈2019年版〉」 のご案内

中央経済社刊  「これならわかる決算書キホン50!2019年版」
 著者
 公認会計士 木村直人 (監査法人アヴァンティア マネージング・パートナー)


 2018年8月17日に、当法人のマネージング・パートナー 木村直人が執筆した 「これならわかる決算書キホン50!2019年版」 (中央経済社)が発刊されました。

 これは毎年発刊している同タイトルの書籍の2019年版で、ビジネスマンなら読めるようになっておきたい決算書のキホンを見開き50項目で平易に解説しています。

 巻末には、実際の決算書を使った分析レクチャーを設け、2019年度版では、“資生堂対コーセー”を題材にした実践的な決算書の分析、及び、昨今の注目企業である “メルカリの決算書分析”、“ゼンショーHDのトレンド分析”、“アサヒとキリンの決算書分析”、“ドラッグストア3社(マツキヨ、ウエルシア、サンドラッグ)の決算書比較” など、誰もが知っていて気になる企業の決算書の分析事例を掲載しております。

 社内における基本的な会計リテラシーの向上や、社内セミナーなどに於いてぜひお役立てください。

  全国書店、及び、amazon にて好評発売中です。  

中央経済社刊 「これならわかる 決算書キホン50! 〈2018年版〉」 のご案内

中央経済社刊  「これならわかる決算書キホン50!2018年版」
 著者
 公認会計士 木村直人 (監査法人アヴァンティア マネージング・パートナー)


 2017年8月17日に、当法人のマネージング・パートナー 木村直人が執筆した 「これならわかる決算書キホン50!2018年版」 (中央経済社)が発刊されました。

 これは一昨年、昨年と発刊した同タイトルの書籍の2018年版で、ビジネスマンなら読めるようになっておきたい決算書のキホンを見開き50項目で平易に解説しています。
 巻末には、実際の決算書を使った分析レクチャーを設け、実践的な内容も取り入れていますが、今回2018年版として最新の決算情報を盛り込んでリニューアルしました。

 社内における基本的な会計リテラシーの向上や、社内セミナーなどに於いてぜひお役立てください。

  全国書店、及び、amazon にて好評発売中です。  

中央経済社刊 「事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC」 のご案内

中央経済社刊  「事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC」
 著者 公認会計士 相馬裕晃 
   (監査法人アヴァンティア パートナー コンサルティング事業担当)

 2017年3月15日に、当法人のパートナー 相馬裕晃が執筆した 「事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC」 (中央経済社)が発刊されました。

 従来の保証・担保に依拠した融資から事業性を評価した上での融資へと脱却するため、今、地域金融機関には「目利き能力」と「コンサルティング能力」が求められています。 

 しかし、実務の現場ではどうすればその能力を培うことができるのか、戸惑う声も少なくありません。
 本書では、どのように企業のビジネスを評価し、さらに伸ばしていくためにはどうすればよいのか、どのような方法があるのか、MQ会計とTOCを中心に実践的に解説しております。

 自分のビジネスは儲かっているのか。どのように改善すればよいのか。本書が解説する考え方やツールは中小企業の経営者や財務・経理担当者の方にも必須の知識です。ぜひお役立てください。

  全国書店、及び、amazon にて好評発売中です。  

◆TOCの概要はこちらをご覧ください –> 日本TOC推進協議会

中央経済社刊 「これならわかる 決算書キホン50! 〈2017年版〉」 のご案内

中央経済社刊  「これならわかる決算書キホン50!2017年版」
 著者
 公認会計士 木村直人 (監査法人アヴァンティア マネージング・パートナー)

 2016年8月6日に、当法人のマネージング・パートナー 木村直人が執筆した 「これならわかる決算書キホン50!2017年版」 (中央経済社)が発刊されました。

 これは昨年発刊した同タイトルの書籍の2017年版で、ビジネスマンなら読めるようになっておきたい決算書のキホンを見開き50項目で平易に解説しています。
 巻末には、実際の決算書を使った分析レクチャーを設け、実践的な内容も取り入れていますが、今回2017年版として最新の決算情報を盛り込んでリニューアルしました。

 社内における基本的な会計リテラシーの向上や、社内セミナーなどに於いてぜひお役立てください。

  全国書店、及び、amazon にて好評発売中です。  

PAGE TOP
アヴァンティアホットライン  個人情報保護方針