お問い合わせ
TEL 03-3263-7681
FAX 03-3263-7682
E-mail info@avantia.or.jp
Access Map

【出版】相馬裕晃 執筆 「事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC」 を発刊

2017年3月15日に、当法人の社員で公認会計士 相馬裕晃 が執筆した

「事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC」 が中央経済社より発刊されました。

詳しくは、こちら【出版案内】をご覧下さい。

 

【寄稿】中国公認会計士協会機関誌「中国注册会计师」に寄稿

中国公認会計士協会発行の機関誌「中国注册会计师」の2016年10月号に、当法人シニア顧問江越 眞 が寄稿しました。

「我与中国财政部交往的37年」と題して、1979年から中国財政部と37年間の友好交流の経験を紹介しております。

■中国公認会計士協会のホームページでのご案内
 http://www.cicpa.org.cn/knowledge/xhhk/qbhk/2016/201610/index.html?number=191.48694888148614

■寄稿記事はこちらからお読みになれます。(中国語)
 我与中国財政部交往的37年 | 江越眞  
  (出典) 中国注冊会計師協会機関誌 「中国注冊会計師」雑誌2016年10期  頁120~123

 

10月20日 中国・北京の中国公認会計士協会 冯 淑萍会長を訪問

2016年10月20日(木)、弊法人 法人代表 小笠原 直、顧問 江越 眞 は、中国・北京の中国公認会計士協会を訪問し、 中国公認会計士協会 冯 淑萍会長、陈 毓圭副会長等と会見しました。

今回の訪問では、日中の財政の友好交流を目的とし、東芝事件が業界への影響及び将来の監査の有様などの意見交換をしました。

訪問メンバーは下記の通り。
 監査法人アヴァンティア 法人代表 小笠原 直
 監査法人アヴァンティア 顧問 江越 眞

 

 

中国公認会計士協会のホームページでのご案内
http://www.cicpa.org.cn/topnews/201610/t20161028_49256.html

 

 ================================================================

2016年10月20日,中国注册会计师协会冯淑萍会长(左二)会见了来访的日本监查法人前进诚天(Avantia)法人代表(社长)小笠原直先生(Mr. Naoshi Ogasawara)(右一),中国注册会计师协会副会长兼秘书长陈毓圭(左一)与日本监查法人前进诚天(Avantia)高级顾问江越眞先生(Mr. Egoshi Makoto)(右二)参加了会见。

访问成员如下:
  监查法人前进诚天 法人代表 小笠原 直
  监查法人前进诚天 顾  问 江越 眞

中国注册会计师协会的主页 的新闻记事

http://www.cicpa.org.cn/topnews/201610/t20161028_49256.html

当法人の顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)調査結果の公開 [2016年度]

当法人では、毎年、ジャンプスタートパートナーズ様へ依頼し、「顧客満足度(CS)従業員満足度(ES)調査」を実施しております。
このたびCS・ES調査結果が報告されましたので、そのサマリーをご報告いたします。

この調査を始めて8年目を迎えますが、組織診断結果は、昨年に引き続きまして今年度も「持続的競争優位」のポジションにあるとの評価結果となりました。
顧客満足度では、全体的な顧客の満足度水準は 「法人全体として、顧客に分かり易く、素早い対応で、無駄なく、重要なポイントを監査して頂いているとの声を頂くことができ、過去7年間に渡り、安定的に高い水準を持続している。」 との評価結果を頂きました。一方、評価の低下している評価項目も見られました。

当法人としましては、今回の調査結果を真摯に受け止め、明らかになった経営課題を解決すべく、今後、業務刷新に努めてまいります。

調査結果は、こちら をご覧ください。

※HICE(Happy Index of Customer and Employee)
  顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)を組み合わせた新しい経営管理指標

今年度の定期採用者向けの 「就職活動個別相談会」 の開催情報を掲載しました。

今年度の定期採用者向けの 「就職活動個別相談会」 の開催情報を「採用情報」ページに掲載しました。

皆さまのご参加をお待ちいたしております。

【セミナー】10月11日開催、幻冬舎主催セミナー
   「健全経営と社内モチベーションを最適化する!
    コーポレートガバナンス・コード対応と業績連動型役員報酬の設計」のご案内

【セミナータイトル】 
  「健全経営と社内モチベーションを最適化する!コーポレートガバナンス・コード対応と業績連動型役員報酬の設計」

【講師】
  監査法人アヴァンティア 代表社員 公認会計士 小笠原 直

【日時】 2016年10月11日(火) 16:00~17:30

【場所】 東京・代々木 「株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム」

【受講料】 無料

詳細は、セミナー案内ページ<こちら>をご覧下さい。 

【出版】木村直人 執筆 「これならわかる決算書キホン50!2017年版」 を発刊

2016年8月6日に、当法人の代表社員で公認会計士 木村直人 が執筆した

「これならわかる決算書キホン50!2017年版」 が中央経済社より発刊されました。

詳しくは、こちら【出版案内】をご覧下さい。

 

【セミナー】10月11日(火)開催、企業研究会セミナー
       「専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』」 のご案内

【セミナータイトル】
  一般社団法人企業研究会セミナー 「専門家に頼らず自社内の人材を活かす『M&Aの知識』」

【講師】
  監査法人アヴァンティア 公認会計士 木村 直人
  みらい総合法律事務所 弁護士・公認会計士 横張 清威 

【日時】 2016年10月11日(火) 13:00~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

詳細は、セミナー案内ページ<こちら>をご覧下さい。 

NEW法人代表 小笠原直 執筆 「監査法人の原点 [改訂版] 」(新書)のご紹介

当法人代表社員の小笠原直の執筆による 「監査法人の原点 [改訂版]」(新書) が完成しました。

2011年に監査法人、そして公認会計士の現在を憂い、未来の会計士と監査法人のあるべき姿を提示した一冊の改訂版です。

幻冬舎より全国書店にて発売中。
全国書店、及び、amazon にて好評発売中。

監査法人の原点 [改訂版]

会計士志望者の学生、上場企業の管理部門責任者の方々にお勧めします。

是非、お手に取って頂き、皆さんと一緒に考えていけましたら幸いです。(小笠原 直)

詳しくは、「出版案内」のページ をご覧ください。

【セミナー】3月24日(木)開催、企業研究会セミナー「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」のご案内(終了しました)

2016年3月24日(木)、一般社団法人企業研究会セミナー 「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」 の開催のお知らせ。

詳細は、セミナー案内ページ<こちら>をご覧下さい。 

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【日時】 2016年3月24日(火) 13:30~17:00
【場所】 東京・麹町 「企業研究会セミナールーム」

【セミナー】3月17日(木)開催、企業研究会セミナー「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」のご案内(終了しました)

2016年3月17日(木)、金融財務研究会セミナー 「グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法」 の開催のお知らせ。

詳細は、セミナー案内ページ<こちら>をご覧下さい。 

【セミナータイトル】 グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【日時】 2016年3月17日(木) 13:30~17:00
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」

【セミナー】2月25日(木)開催、金融財務研究会セミナー
「中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント」のご案内
(終了しました)

2016年2月25日(木) 金融財務研究会セミナー「中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント」の開催のご案内。

詳細は、セミナー案内ページ<こちら>をご覧下さい。 

【セミナータイトル】 中国子会社から確実に本国に送金するための実務のポイント 
              ~中国外貨管理法、中国税法の正しい理解~

【講師】 監査法人アヴァンティア 法人代表 公認会計士 小笠原 直

【日時】 2016年2月25日(木) 14:00~17:00
【場所】 東京・日本橋茅場町 「茅場町・グリンヒルビル セミナールーム」

開示事例分析 「平成28年3月期 第二四半期」 を公開しました

開示事例分析の「平成28年3月期 第二四半期」を公開いたしました。

事例分析項目は 「会計方針の変更等」、「継続企業の前提に関する事項」、「追加情報 」、「重要な後発事象」です。

企業の開示担当の皆様方が、有価証券報告書・四半期報告書の作成の際に、ご参考にしていただけましたら幸いでございます。

 → 「開示事例分析」コンテンツはこちら (左側のメニューにもリンクがあります)

定期採用者面接の応募要項のお知らせ

今年度の定期採用者面接の応募要項を掲載しました。

定期採用者面接の応募をご希望される方は、<採用情報ページ> をお読みになりお申し込みください。

9月25日 中国・北京の中国公認会計士協会 陳 毓圭副会長を訪問

2015年9月25日(金)、弊法人 法人代表 小笠原 直、顧問 江越 真は、中国・北京の中国公認会計士協会を訪問し、 中国公認会計士協会  陈毓圭副会長、杨晨辉 副書記、梁晶国際部主任と会見しました。

今回の訪問では、江越顧問の35年の中日関係交流の歩みを振り返りながら、日系企業の対中投資の現状や今後の中国証券市場における透明性の高い情報公開の必要性などを確認しました。

訪問メンバーは下記の通り。

 監査法人アヴァンティア 法人代表  小笠原 直
 監査法人アヴァンティア 顧問 江越 真
  

 

中国公認会計士協会のホームページ 記事

 http://www.cicpa.org.cn/pic_news/201509/t20150930_47702.html

 

 ================================================================

2015年9月25日(星期五),鄙公司法人代表小笠原直、顾问江越真先生拜见了中国北京的注册会计师协会,与中国注册会计师协会陈毓圭副会长、杨晨辉副书记以及梁晶国际部主任进行了会谈。

本次会谈回顾了江越真先生这35年间一步一步亲身践行促进中日关系文化交流的事迹,也就日系企业对中国投资的现状以及中国证券市场的高透明性的信息公开的必要性等进行了探讨。

访问成员如下:
  监查法人前进诚天 法人代表 小笠原 直
  监查法人前进诚天 顾  问 江越 真

中国注册会计师协会的主页 的新闻记事

http://www.cicpa.org.cn/pic_news/201509/t20150930_47702.html

 

今年度の定期採用者向けの 「就職活動個別相談会」 の開催情報を掲載しました。

今年度の定期採用者向けの 「就職活動個別相談会」 の開催情報を「採用情報」ページに掲載しました。

皆さまのご参加をお待ちいたしております。

【寄稿】「企業会計」2015年10月号: 特集 「戦後会計士史9大事件~足利銀行事件~」 掲載のご案内

企業会計(中央経済社)2015年10月号の特集に 歴史を学び歴史を作る 「現行制度の源流を探る~戦後会計士史9大事件」  と題して記事が掲載されております。その9大事件の中で 「足利銀行事件」 について、弊法人代表の小笠原直が執筆しております。

◆Summary◆
 「監査人を監査する」。以前は、監査人は高度な人格と高い専門性を有していると考えられ、その自主的な会計判断が尊重されていたため、あり得ないことだった。
 しかし、会計ビッグバンで、その様相は一変する。過去を正確に記述する会計処理から未来を見積もる会計処理に激変するなかで、監査人への監査体制が固まっていく。その端緒となったのが、足利銀行事件である。 

詳細は、<こちら> をご覧ください。

当法人の顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)調査結果の公開 [2015年度]

当法人では、毎年、ジャンプスタートパートナーズ様へ依頼し、「顧客満足度(CS)従業員満足度(ES)調査」を実施しております。
このたびCS・ES調査結果が報告されましたので、そのサマリーをご報告いたします。

この調査を始めて7年目を迎えますが、組織診断結果は、昨年に引き続きまして今年度も「持続的競争優位」のポジションにあるとの評価結果となりました。
顧客満足度では、全体的な顧客の満足度水準は 「法人全体として、顧客に分かり易く、素早い対応で、無駄なく、重要なポイントを監査して頂いているとの声を頂くことができ、過去6年間に渡り、安定的に高い水準を持続している。」 との評価結果を頂きました。一方、評価の低下している評価項目も見られました。

当法人としましては、今回の調査結果を真摯に受け止め、明らかになった経営課題を解決すべく、今後、業務刷新に努めてまいります。

調査結果は、こちら をご覧ください。

※HICE(Happy Index of Customer and Employee)
  顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)を組み合わせた新しい経営管理指標

【出版】木村直人 執筆 「これならわかる決算書キホン50!」 を発刊

2015年9月1日に、当法人の代表社員で公認会計士 木村直人 が執筆した

「これならわかる決算書キホン50!」 が中央経済社より発刊されました。

詳しくは、こちら【出版案内】をご覧下さい。

 

開示事例分析 「平成27年3月期 期末」 を公開しました

開示事例分析の「平成27年3月期 期末」を公開いたしました。

事例分析項目は 「会計方針の変更等」、「継続企業の前提に関する事項」、「追加情報 」、「重要な後発事象」です。

企業の開示担当の皆様方が、有価証券報告書・四半期報告書の作成の際に、ご参考にしていただけましたら幸いでございます。

 → 「開示事例分析」コンテンツはこちら (左側のメニューにもリンクがあります)

PAGE TOP
個人情報保護方針