パートナープロフィール

小笠原 直(Naoshi Ogasawara)法人代表 代表社員 公認会計士

小笠原直 写真
略歴
栃木県出身。一橋大学経済学部卒業。
公認会計士第2次試験合格後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。
その後、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人) に入所し、同監査法人で代表社員を務める。
2008年に監査法人アヴァンティアの法人代表として代表社員に就任。法人代表の立場でありながら、現場最前線での業務執行も務める。セミナー、執筆も多数。
主な会計士協会活動として、元日本公認会計士協会実務補習所副委員長、元公認会計士修了考査試験委員など。
また、元慶応義塾大学環境情報学部准教授、元千葉大学法経学部講師 を歴任。
メッセージ
人はなぜ存在するかといえば、「社会の役に立つ」からだと思います。そして「社会の役に立つ」には「自己の意思に基づいて責任を取る」ということが大事になってきます。そういう意味では、責任をもって社会的な役割を果たす公認会計士という職業に、僕は「社会の役に立っている」という自負と誇りがあります。そして夢が「社会の役に立つ」ということと密接不可分であるということであれば、僕にはまだまだたくさんの夢があります。公的セクターへの関わり、グローバル経済への関わり等々。これからも社会の役に立つ法人を創り上げて、夢を次々と実現させていきたい、そう考えています。

木村 直人(Naoto Kimura)代表社員 公認会計士 品質管理責任者・IFRS専門デスク室長

木村 直人 写真
略歴
長崎県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
公認会計士第2次試験合格後、TAC公認会計士講座専任講師を務める。その後、新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)、太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)において主に法定監査、上場準備等に従事。2008年に監査法人アヴァンティアの設立に参画、代表社員に就任。
現在、上場企業監査、IPO監査において、現場最前線での業務執行を務めながら、M&AやIFRS等に関する財務アドバイザリーなども幅広く展開。法人内では、品質管理責任者兼IFRS専門デスク室長として、品質管理体制の構築及びIFRSに関する調査研究を推進している。書籍の執筆や雑誌への論文寄稿なども多数。
その他、主な会計士協会活動として、知的財産関連研究プロジェクトチーム副構成委員長(現任)。
また、千葉大学 法政経学部 非常勤講師(現任)として大学でも教鞭をとっている。

メッセージ
監査には批判性と指導性という一見相反する側面があります。昨今、世間的には批判的な側面ばかりが強調されていますが、私は批判性と指導性の両立は十分に可能であると考えております。土台にしっかりとした信頼関係があった上で、私たちがプロフェッショナルとして判断することを怠らなければ、厳しい監査をしながら的確なアドバイスを行うことは可能です。こういった時代だからこそ、監査法人として本来は当たり前であるはずのことを、当たり前に行っていく。そのような監査法人として社会的役割を果たすことができるよう日々努力してまいります。

戸城 秀樹(Hideki Toshiro)社員 公認会計士

戸城 秀樹 写真
略歴
香川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。
公認会計士第2次試験合格後、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)に入所し、主に法定監査、M&Aのデューディリジェンス、企業評価等に従事。1年間の日本証券業協会店頭登録審査部に出向中、店頭登録銘柄の確認審査を経験し、その後は株式上場準備支援にも携わる。同監査法人で社員を務める。その後、2008年より監査法人アヴァンティアにおいて主に法定監査に携わっている。
現在、現場最前線での業務執行を務めながら、円滑な顧客リレーションの推進を図っている。
その他、主な会計士協会活動として、元日本公認会計士協会実務補習所委員。
メッセージ
私がこの業界をめざしたのは中学生の頃からで、ある公認会計士の先生に家族ぐるみでお世話になったのがきっかけです。先生のように「人の役に立ちたい」、「人から信頼される仕事をしたい」と願いました。当時はどのような仕事か具体的には分かっていませんでしたし、当時と比べて公認会計士の社会から期待される役割も変わったかもしれません。しかし、十数年前に自らが会計士業界に入ってから現在に至るまで、本質的なところでは当時の思いは変わっていません。そんな、変わらない思いでこれからも歩んでいきたいと考えています。

藤田 憲三(Fujita Kenzo)社員 公認会計士

藤田 憲三 写真
略歴
埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業。
2006年に太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)に入所し、監査業務等に従事。
2008年、公認会計士試験に合格。その後、監査法人アヴァンティアに入所し、主に法定監査に携わっている。
2013年に同法人のパートナーに就任。現在、現場最前線での業務執行を務めながら、品質管理体制の構築のサポートを行っている。
メッセージ
自分で考え、自分で判断する。判断過程及び結果を文書に落とし込み、わかりやすく説明する。
アヴァンティアに入所して以来、そのことを常に心がけて監査業務に臨んできました。適確な判断を行うために、クライアントと真に向き合い、理解することに努めてきました。そして、そのことが自分のプロフェッショナルとしての存在意義であると信じています。企業を取り巻く環境がより複雑化し多様化している現在、知識・教養・経験を積み上げることを怠らず、また、今後もプロフェッショナルとしての原点を見失うことなく、突き進んでいきたいと思っています。

入澤 雄太(Yuta Irisawa)社員 公認会計士

入澤 雄太 写真
略歴
神奈川県出身。日本大学理工学部航空宇宙工学科卒業。
公認会計士第2次試験合格後、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)において、主に法定監査、上場準備等に従事。監査法人トーマツ退職後、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構)の経理業務を経て、2006年に太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)に入所し、法定監査等の監査業務に従事。
2008年に監査法人アヴァンティアのパートナーに就任。
現在、現場最前線での業務執行を務めながら、法人内の情報システム体制の管理を行っている。
メッセージ
私は、監査業界に入って10年以上の年月が過ぎました。その間に、監査環境は、かなり様変わりしました。
日本の会計基準・監査基準は、複雑化・抽象化・国際化し、基準や指針等の量も10年前とは比較にならないほど増加しました。
そのような環境の中で、企業や監査人の会計判断、特に将来の見積りをどう財務諸表に反映するか、という部分が非常に重要性を増しております。よって、将来情報を含む、企業が開示する財務諸表は本当に適正なのかどうか という保証に対する責任も年々大きくなっております。その責任を果たすべく、会計・監査のみならず、公認会計士として幅広い知識を習得し、投資家のため、株主のため、利害関係者のため、そしてクライアントのために、信頼できる監査法人となるように努力し、社会貢献していきたいと考えております。

西垣 芽衣(Mei Nishigaki)社員 公認会計士 管理部門責任者

西垣 芽衣 写真
略歴
島根県出身。慶応義塾大学総合政策学部卒業。
公認会計士第2次試験合格後、センチュリー監査法人国際部(KPMG:現有限責任あずさ監査法人)、中央青山監査法人において、主に法定監査、上場準備、公益法人会計監査、都市銀行の不良債権処理業務、外資系金融機関の監査等に従事。
その後、ベンチャー企業のCFOとして社内体制構築等の業務に携わる。2008年に監査法人アヴァンティアの設立に参画、社員に就任。2010年には代表社員に就任。
メッセージ
幼いころから、周りから信頼される人になりたい、また、人のためになる仕事をしたいと思っていました。公認会計士という仕事に就き、様々な経験を経て、アヴァンティアの設立に携わり、少しずつ着実に実現できていると思っています。まだまだ若い法人ですが、メンバーひとりひとりが、常に考えて行動し、プロフェッショナルとしての誇りを持ち、クライアントのために正しい判断を行うことを日々意識し前進していっています。また、私自身も、周囲への感謝の気持ちを忘れずに、女性らしくきめ細やかな対応を心がけたいと思っております。

相馬 裕晃(Soma Hiroaki)社員 公認会計士

相馬 裕晃 写真
略歴
千葉県出身。駒澤大学経営学部経営学科卒業。
2004年に公認会計士第2次試験合格後、株式会社東京リーガルマインドに入社し財務部に勤務。その後、太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)に入所し、主に法定監査業務に従事。
2008年、監査法人アヴァンティア設立時に入所、2016年にパートナー就任。
現在、監査業務に従事する一方で、経営体験型の研修(マネジメントゲーム、TOC)やファシリテーション型コンサルティングなど、会計+αのユニークなサービスを企画・立案し、クライアントの業務改善に携わっている。
そのほか、会援隊(会計士の有志団体)隊長、日本公認会計士協会 東京実務補習所 運営副委員長、日本TOC推進協議会 監事など、社外の活動にも積極的に取り組んでいる。

メッセージ
会計はビジネスの共通言語として、企業活動に欠くことのできない重要なインフラです。
しかし、簿記アレルギーから会計について食わず嫌いのビジネスパーソンが多いのが現状です。会計を知らないままビジネスに携わり、努力に見合った成果があげられず、歯がゆい思いをされている方が多いのではないでしょうか。
私の使命は、経営体験型の研修などを通じて「会計維新」(誰にでも分かる&経営に役立つ会計を世の中に広げることによって、会計を誰もが利用できるビジネスの共通言語にすること)を成し遂げることです。
一人の公認会計士として、会計監査のみならず、会計の新しい可能性・付加価値を探求し続けてまいります。
PAGE TOP
個人情報保護方針