コンセプト

法人ポリシー

業界最高水準

監査法人アヴァンティアは、証券市場のインフラである監査法人としての使命感を持ち、業界最高水準のサービスを提供します。
そのために、すべてのメンバーが現場の最前線で活躍し、自分自身で考え、適確な判断をスピーディーに行う職業専門家であり続けます。

適性規模

監査法人アヴァンティアは、一人ひとりが能力、創造性を十分に発揮できるような適正規模の監査法人を目指します。
やみくもに組織を大規模化するのではなく、自然な成長を志向した法人運営を行うことにより、業界最高水準のサービスを提供し続ける体制を構築します。

真のパートナーシップ

監査法人アヴァンティアは、真のパートナーシップを追求します。
強固な信頼関係で結ばれた各パートナーがリスクを共有して業務を行うことにより、緊張感を持ち続けるとともに、厳格な品質管理体制を維持し、健全な法人運営を行っていきます。

組織の一貫性

監査法人アヴァンティアは、中小規模の監査法人でありながらも、組織としての一貫性を重要視します。
一人ひとりの能力、創造性を最大限に発揮しながらも、単なる個人の集合体としてではなく、監査法人として一枚岩となって高い品質を維持します。

法人名の由来

私たちが監査法人設立に当たって目指した法人像は、組織内において強固な信頼関係のもと、全員参加型で良い意見を出しあい、素晴らしい議論をした上でベストなルール・風土を作り続けることができる組織であり、従来のような上位者が一方的に指示し、下位者がこれに従うという流れを排して、全員の創造力や情熱が結晶となり人生の生きがいにつながる21世紀型の監査法人であります。

そのため、ポジティブでクリエイティブな印象を与える名称であることをまず条件としました。また職業のバックグラウンドとなる代々受け継がれている伝統を背負っていることも重要であると考えました。
具体的には、複式簿記や会社法制度といった制度により我々の職業は成立しているものであり、これらは中世のイタリアを起源としていることから、イタリア語でポジティブかつクリエイティブな印象をもつ名称を考えることにしました。
その結果、数多くのイタリア語の中から「Avanti」という「前進」を意味する言葉が浮かび上がりました。「前進」というポジティブな意味はもちろんのこと、「ア」から始まること、また英語のアヴァンギャルドと語源が同一であり、「前衛性」もあること、またイタリアでさかんなサッカーで決定的な役割を果たす「フォワード」も意味することから、「アヴァンティ」が有力な候補となりました。

「アヴァンティ」が「アヴァンティア」に変化したのは、東京タワーでのことでした。澄んだ摩天楼の景色を眺めながら、「Urban Jungle Frontier」という私たちが身を置く監査業界を連想させる言葉をふと思い出しました。
監査業界においては、業務の大部分が大都会に集中しております。その都会のジャングルの中で、監査業界の開拓者、先導者としての役割を果たしていこうという思いを強め、辿り着いた言葉が「アヴァンティア」です。語尾にソリッド感が出て、快い響きがあり、日英伊のいずれの言語でも設立に至った思いを込めることができることから、法人名称として「アヴァンティア」に決定するに至りました。

このような思いを込めた名称として「アヴァンティア」は生まれました。
私たちは「アヴァンティア」の名称に込めた思いを実現すべく、一歩一歩前進していきたいと思います。

PAGE TOP
個人情報保護方針